‘マンション管理四方山話’ Category

管理委託費削減は、時間と労力がかかります。 日常生活を行なっている理事や組合役員だけでの話し合いでは思うように進まなかったり、 なかなか決まらなかったりといった問題が起こります。 また、当事者であるが故に、個人の利害が優…続きを読む

他社の見積もりを取得した際に、他の見積もりに比べて極端に安い場合があります。 これは大規模修繕工事の見積もり取得の場合も同様ですが、 極端に安い場合は除外する事があります。 なぜなら、物事には適正価格と言うものがあります…続きを読む

現在の管理会社の管理委託費が適性なのかどうか、 必ず、複数の管理会社から見積もりを取得する事が必要です。 始めから管理会社の変更を進めるのではなく(よほど現管理会社の内容が酷い場合は別として)、他社で取得した見積もりを基…続きを読む

管理委託費はどれくらい下がるのか? 私たちに相談される管理組合様の平均で、30%程度です。 ホームページでご確認いただければわかりますが、 他の管理委託費削減コンサルを行なっている事務所でも平均して、 20%〜30%の削…続きを読む

なぜ、管理委託費を見直さなければならないか。 それは、マンション管理業界には競争原理が働いていない場合が多く、 高値安定といった状態が続いている事が多いからです。 多くの組合員は、自身の居住するマンション管理委託費が他の…続きを読む

理事会では、特定の事項について「専門委員会」を設置する事が出来ます。 一時的に設置する場合や、期間が長期にわたる場合、 理事会役員以外にも幅広い意見を取り入れたいと言った場合に設置します。 代表的な例として「大規模修繕委…続きを読む

通常総会においては、決算に向けて「決算理事会」を行ないます。 管理会社に管理を委託している場合は管理会社から、 総会議案書の素案が作成され、理事会で内容を協議します。 議案書とは総会で話し合われる内容が記載されています。…続きを読む

総会はマンション管理組合の最高意思決定機関です。 理事長が招集し、組合員全員にも招集がかけられ、 マンションの重要事項の決定が行なわれます。 (決算の承認、来期予算の承認、管理会社との契約更新、規約の変更、修繕工事の決定…続きを読む

管理組合の意思決定の最高機関は総会です。 その総会に議案を上程するために協議、検討する場が理事会です。 具体的な計画をしたり、日々の問題や課題を解決して行くのも理事会になります。 しかし、実務上全てを総会に上程して決めて…続きを読む

分譲マンションの住人の方々で構成される「管理組合」。 購入と同時に加入が義務づけられており、 輪番制やくじ引き等で決められている所も多く存在します。 初めて役員になったとところで、何をして良いのかわからない方も多い事でし…続きを読む

10 / 24« 先頭...89101112...20...最後 »

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.