‘マンション管理四方山話’ Category

一番多いのは投資型マンションやリゾートマンションです。 区分所有者が住んでいませんので、理事会運営が物理的に困難で、 管理会社が管理者となり第三者管理を行なっています。 今後は、高齢化により一部の方に負荷がかかっている場…続きを読む

現在、第三者管理方式を行なっている第三者は、管理会社がほとんどです。 つまり「第三者管理・管理者管理方式」ではなく、「管理会社管理方式」です。 第三者には、管理会社以外にもマンション管理士や信託銀行などが就任出来るのだが…続きを読む

多くのマンション管理組合は、管理業務の全部または一部を外部に委託しています。 「全部委託」と「一部委託」を合わると、実に約9割(国土交通省「平成20年度マンション総合調査結果について」)が管理会社に委託しています。 マン…続きを読む

マンションの管理を区分所有者で組織する「管理組合」が主となって管理をする方法です(管理会社に管理を委託しても管理の主体は「区分所有者」です)。 マンションの管理の全て(運営、会計・出納から設備の点検・監視等)を、管理組合…続きを読む

一般的には、区分所有者が管理組合を組織し、管理会社に管理の全部または一部を委託する方法が採用されていますが、多様な居住者の合意形成が困難(他人任せや無関心等)であったり、居住者の高齢化や住戸の賃貸化等によって管理組合の運…続きを読む

平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災を教訓として、 建築物の地震に対する安全性の向上を図るため、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(以下「耐震改修促進法」といいます。)が平成7年に施行されました。 また、近年大地震…続きを読む

通称、被災区分所有法。大規模災害によりマンション等の建物が全壊し、区分所有建物としての権利が消滅した場合、残されているのは共有敷地権のみとなる。建物を再建するためには、敷地共有者全員の同意がなければならないとする民法の規…続きを読む

正式名称は「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(平成18年法律第91号)、 2006年(平成18)6月成立、同12月施行。 それまであったいわゆるハートビル法(正称「高齢者、身体障害者等が円滑に利用でき…続きを読む

建築基準法は同法第一条に謳われている通り最低の基準を定めている技術法令である。 第一条の「目的」に最低限と謳われている理由はいくつかある。 ひとつは、建築基準法というものは自由に建築を行う私人の権利を公権力によって制限し…続きを読む

日本では土地があるからと言って勝手に住宅を建築することができません。 無秩序な開発を防ぎ整備し、より良い都市の発展のために都市計画法で規制されています。 まず、土地は都市計画区域と都市計画区域外にわけられます。 さらに都…続きを読む

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.