Home » マンション管理関係 » え! マンションの大規模修繕に借金までする?

え! マンションの大規模修繕に借金までする?

category : マンション管理関係 2015.9.7 
Pocket

「マンションの修繕積立金が不足することになれば、一時金として各戸から徴収するか、金融機関で借り入れるかしなければなりません」
 昨年マンション管理組合の理事長に抽選で当たってしまった。冒頭の発言は、就任に当たって、大規模修繕にかかるお金について管理会社の担当者にいろいろ質問した際に返ってきた答えだ。恥ずかしながらマンションを修繕するのに、借金をすることがあるとは知らなかった。
(2015/09/07 日経ビジネスオンライン)

築古のマンション、特に自主管理マンションでは修繕積立金が足らなく、借入もせずに、
「出来るところだけ修繕」を行なっている組合もあります。

結果的に資産価値を大きく下げ、売るに売れないマンションとなってしまっているケースがあります。

管理会社が管理をしている場合は、大規模修繕工事費用に見合ったお金が無ければ工事を実施できなくなるため、
修繕計画に沿った値上げを提案します。

しかし、自主管理ではよほどのリーダーシップを発揮しないと、なかなか値上げが出来ないようです。
結果、築30年を超えた3回目の大規模修繕工事に費用が無く、途方に暮れている管理組合様からの相談が増えてきているのだと思います。
大規模修繕工事の直前になってから慌ててもどうしようもなく、しっかりとした大規模修繕計画を基に資金計画する必要があります。

comment closed

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.