Home » 防水工事

防水工事 

Pocket

◆屋根・屋上

一番、風雨にさらされ、傷みやすい部分です。

しかも屋根や屋上は、日々の生活で目に触れない部分です。

劣化が進み、漏水が起こって始めて補修といったケースも少なくありません。



そういったことの無いように、事前に建物診断を行い、

漏水事故の起こる前に、補修を行うべきでしょう。

漏水事故が起こってから補修するより、費用も安く済みます。



多くのマンションの屋上防水などは、10年保証されていますので、

竣工後、10年を超えたマンションで漏水事故が発生した場合、多額の費用を要することになります。



始めての大規模修繕工事で屋上防水は、全面貼り替えではなく破損箇所や劣化箇所の補修を行います。

(※2回目以降の修繕工事では、状態によります。)



10年目に屋上の防水点検と合わせて、バルコニー等の診断を実施することにより、

簡易な建物劣化診断をする事が可能です。





◆シーリング

シーリングはタイル目地や、窓枠と建物のすき間からの雨水の浸入を防ぐものですが、

経年劣化により破断や硬化といった本来の役目を果たさない状態となっている場合もあります。

ほとんどの場合、古いシーリングを撤去し新しいものを充填する方法をとります。





◆バルコニー・廊下

歩行により劣化が激しい部分です。

長尺シートが貼ってある場合は、水の浸入や劣化は少ないですが、汚れが激しい場合が多く、

シート全体の貼り替えを行います。

コンクリートをモルタルで仕上げてあるよう場合は、

美観の面と劣化防止のため新たに長尺シートを貼る場合もあります。





◆外壁タイル

美観と高い防水性能を持つタイル仕上げですが、経年劣化によりヒビや割れにより雨水が浸入し、

剥落や躯体の劣化の原因となります。

浮きや割れのあるタイルは貼り替えや、樹脂の注入による再接着を行います。

次は「塗装工事」

ページトップへ戻る

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.