Home » 共用部分

共用部分 

Pocket



共用部分 (きょうようぶぶん)とは、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で、住居、店舗、事務所などのその各部分に属さないものをいいます。



具体的には・・・

共用玄関ホール、共用廊下、共用階段、共用エレベーターホール、共用エレベーター室、電気室、機械室、パイプスペース、メーターボックス(給湯器を除く)、内外壁、界壁、床スラブ、基礎部分、バルコニー、ベランダ、屋上テラス、電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設備、火災警報設備、インターネット通信設備、ケーブルテレビ設備、オートロック設備、宅配ボックス、避雷設備、塔屋、集合郵便受箱、配線配管など、専有部分に属さない部分です。



つまり、大規模修繕工事の対象となる部分です。

特に、バルコニーや専用庭は共用部分ですので対象となります。



また、バルコニーと居室の間の窓枠やサッシュについては共用部分ですので、

大規模修繕工事を実施する際に、取り替えを行うことも可能です。

次は「専有部分」

ページトップへ戻る

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.