Home » 大規模修繕工事の必要性

大規模修繕工事の必要性 




鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで出来た建物は、かなり強固なイメージがあります。

実際、地震によって倒壊・全壊したといった話はあまり聞きません。



しかし、いかに強固な建物であっても、

経年によって劣化していきます。



部位や立地条件によって左右されますが、確実に劣化していきます。





◆コンクリート、鉄筋の劣化

コンクリート自体は、タイルや塗装によって水分の浸透を防止してはいますが、

やはり経年劣化によって剥離やひび割れ、めくれ等が起こります。

また、そのひび割れから雨水等が浸透することにより、さらに劣化が起こります。





◆鉄部等、金属の劣化

屋外バルコニーや廊下、階段の手すりと言った、金属(アルミや鉄)も雨水等により劣化していきます。

また、メーターボックスの扉や玄関扉の枠等も、劣化により錆が発生します。

また、コンクリートのひび割れから、雨水等が浸透し、内部の鉄筋にまで達すると、

錆びが発生し劣化が起こります。

また、鉄筋の劣化は、建物の耐久性にも影響を及ぼしますので、早急な補修が必要となります。





手すりの劣化やタイルの剥落といった建物の劣化は、居住者の安全を脅かします。

また、マンションは個人資産の集合体ですから、建物の劣化は財産の劣化につながります。



あまりにも劣化が進み、補修が必要になってからでは、多額の費用を要する場合もあります。

また、劣化によって安全な生活に影響を及ぼす事もあるでしょう。



組合員の資産を守り、安心出来る生活環境を実現するために、

定期的な大規模修繕工事は必要なのです。

次は「修繕積立金残高は?」

ページトップへ戻る

アメブロ

SNS

リンク集

Sponsored by

Copyright(c) 2015 名古屋市マンション管理士事務所ライブプラス All Rights Reserved.